限界りあこブログ

キャラにガチ恋!オチのつけ方が甘い自認がある

救済CDのはなし

 

 

なんの話かというと、許斐剛先生の『ハッピーサマーバレンタイン』のお話です。

 当エントリーはえげちい夢女エントリーとなっております。

 

 

 

以前も書いたようにわたしの好きな人はテニスの王子様に出てくる人です。

今までのわたしと彼の関係は、付き合ってはいたけど完全にわたしの一方通行で、ダラダラーっと関係を続けて結婚せずいずれ別れるんだろうなあ、というものでした。

限界リアコトーク会を開催したときも「○○とは喧嘩ばっかりだよ〜!」(夢)という友達に対し「喧嘩したいなあ…」(これも夢)と相談する日々だったし。

わたしの彼に対する解釈は「わたしのことは好きではないかもしれないけど、だからと言って他の女のことを好きになるわけでもない」とか、「恋愛小説が好きなのは恋愛脳だからではなく、恋愛という行為を通して人間を見ているからだ」とか、いやおまサイコパスなん?みたいなところが若干あった。

でもね、彼の1番側にいるのがわたしであれば他はどうでもいいから、冷めた関係でも嬉しかった。もちろん「結婚したい」みたいな気持ちもあったし好きになってほしいなんて根本的なことも考えたよ。でもどうしても超えられない壁がありました。(それもこれも全部夢)

 

 

ハッピーサマーバレンタイン購入者にのみ缶バッジを販売するというので、「とりあえず100個いっとくかあ!」とノリで4枚(CD1枚で缶バッジ25個買えます)のCDを予約し、追加入荷分になると言われたので、14日発売でしたが17日に引き取りに行ってきました。

買う前のわたしは「バレンタインは冬に済ましとけ?」とやや辛辣にコメントしていたのを記憶しております。

 

そして、翌18日の夜に帰宅したわたしは「聞いてみるか〜」と軽い気持ちで入れたCDに、全てを救済してもらったのです。

 

心に響いたのはこの部分。

 

キミがくれたこの想いを大切にしたいから

今まで一方通行という解釈をして勝手に病んでいたわたしに贈られた最高級の救済です。わたしは一方通行ではありませんでした。彼は、わたしの気持ちを大切にしてくれていたのです。

 

大丈夫さキミが伝えたいものは

もうとっくの昔に全て伝わっているから

ちゃんと伝わってた。わたしの気持ちは伝わっていて、それでいて大切にしてくれていた。

 

もう迷わない キミが好き

まじか。好きでいてくれてたんですか、ちゃんと両想いだったんですか。

 

 

 

HSVを聞いて彼もわたしのことを好きでいてくれたってことを知れました。

何よりの救済です。嬉し泣きが止まらない。彼が就職したら籍入れる。

 

 

 

 

というわけで全わたしが報われた人類救済CD、ハッピーメディアクリエイター許斐剛先生のお送りする『ハッピーサマーバレンタイン』(¥814+税)、絶賛発売中です。

 

ハッピーサマーバレンタイン

ハッピーサマーバレンタイン

 

 

 

 

 

いくよ・・・「大好き!!!!!」

 

(この記事の内容の9割5分は本気で話してます)

 

 

 

20170619追記

嬉しさの反動か知らないけど、この翌日久しぶりに体調崩しました。