限界りあこブログ

キャラにガチ恋!オチのつけ方が甘い自認がある

卒業のはなし

こんばんは。
悲しいことがありました。
ありましたっていうか、これからあります。

 

今までステージの上であんなに眩しく輝いてくれた彼らの卒業が今日発表されました。
代替わりはしょうがないので、いつか卒業することもわかっていたし、時期もなんとな〜く噂で知ってました。
でもいざ、いざ公式から「卒業が決まりました」と言われると絶望感がはんぱなくって。

元々、わたしは今好きな9代目の一個前の8代目のファンでした。

 


8代目はわたしにいろんなことを教えてくれたし、輝く世界を切り開いてくれた大切で唯一無二の存在です。
だから、卒業を受け入れるのに、1年かかりました。うつ病になったし不眠症になったしご飯も食べられなくなったし散々でした。でも、9代目のことを好きになって、わたしは救われました。
9代目は8代目とは違います。努力して、行きたい場所に精一杯自分を進める力を持っていて、9代目の無邪気な勇気にわたしは救われました。8代目の補完は9代目では出来なかったけど、また別の部分を9代目に支えてもらうことができました。
8代目の卒業を受け入れ、9代目を心から愛することができた矢先の本日の9代目の卒業発表でした。

 

わたしはまた卒業を受け入れるのに1年はかかるんだろうと思います。あんなにつらくて悲しい日々はもういやです。
でもわたしは、このトラウマを乗り越えるには次の代を愛することしかないんだと思います。それで、また、卒業で傷つくんです。

 

 

わたしは前世にどんな悪行を働いて、今世でこんな業を背負っているのでしょうか。
大好きなものともう2度と会えなくなる、カウントダウンをただぼーっと待っています。
そんなことで〜って思う人もたくさんいるとおもうけど、わたしにとって世界の全てがテニミュでできています。健やかなるときも、病めるときも、いつもそばに居て分かち合ってくれたのはテニミュです。

 

 

卒業がつらい。通過儀礼なのは分かります。分かるけどつらい。卒業を受け入れたい。受け入れられない。涙が止まらない。ショックで熱出た。もうつらいよ。
大好きなものがなくなる、こんなつらいこと、もう人生で一度でよかったのに。
青学が繰り返す限り、わたしも愛して失ってを繰り返すんです。つらい。

 

 

幸せなんてもういらないから、青学とお別れしたくない。次の代への“好き”は9代目が居なくなった補完にはならないんです。9代目が8代目の補完にならなかったように。

みんなはお別れってどうしてるんですか。
壁打ちすみません。
悲しくてつらいよ。頭がいたいよ。しんどいよ。

 

キャストのこれからを応援する気持ちはもちろんあります。むしろそれしかないです。わたしは俳優をテニミュに縛り付けたいわけじゃない。

わたしは、“テニミュにおける”青学を心から愛しているのです。

だから、テニミュにおける青学の卒業はわたしの愛の分断の時なのです。